平成29年10月イベント「懐かしの洋画の名場面を観て蓄音機で主題曲を聴く」

懐かしの洋画の名場面を観て蓄音機で主題曲を聴く

 

今回お聴き頂ける蓄音器

コロンビアアップライト600型
1926年(昭和元年)米国製
コロンビアラッパ型
1910年(明治43)頃 英国製

 

コロンビアポータブル型164A
1932年(昭和7年)英国製

(蓄音機の調子により写真以外の機種に変更する事もあります。)


戦前戦後の洋画の名作は今なおリバイバルされています。

名画には名曲がつきものです。

各場面の数々を観て、当時のSPレコードで

主題曲をお贈りします。

高橋先生の名解説もお楽しみに・・・!!

 

 映画

 テーマ曲

『カサブランカ』

「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」

1942年公開。

第二次世界大戦時下、モロッコのカサブランカを舞台にして
ハングリー・ボガードとイングリッド・バーグマン主演のラブロマンス映画


 映画

 テーマ曲

『風と共に去りぬ』

「タラのテーマ」

1939製作。

南北戦争下のジョージア州アトランタ市を背景に 、気性の激しい南部の女性

スカーレット・オハラの半生を彼女の取り巻く人々ともども壮大に描かれた作品。


 映画

 テーマ曲

『ライムライト』

「テリーのテーマ」

1952年製作。

チャップリンが長編映画で初めて素顔を出した作品。

美しきバレリーナによせる想いを秘めて舞台に散った道化師の恋。


 映画

 テーマ曲

『哀愁』

「別れのワルツ(蛍の光)」

1940年公開。

日本で製作された「君の名は」はこの映画をもとに作られました。


 映画

 テーマ曲

『巴里の空の下にセーヌは流れる』

「パリの空の下」

パリを舞台にパリジェンヌの生活描写を通してパリの生態を描き出している。


 

皆さまもぜひご参加下さい。

 

実施日  平成29年10月21日(土) 午後13:30~15:30
(開場13:00)
募集人員  定員60名 先着
参加費  600円
持参品
締切  平成29年10月18日(水)
申込方法  電話・FAXまたは来館願います。
講師  大阪文学振興会総務委員 オダサク倶楽部副代表 高橋 俊郎

案内人 オダサク倶楽部 織田草之助(高橋 俊郎)

 

高橋 俊郎 氏のプロフィル

元大阪市立中央図書館副館長

大阪文学振興会総務委員

帝塚山派文学学会副代表

大阪春秋編集委員

 

お問い合わせは会館へ

連絡先TEL 06-6699-1100

FAX 06-6697-8080


トップに戻る