平成29年7月イベント「一閑張り体験」

和風インテリア ”一閑張り体験”

(いっかんばり)

竹かごに和紙を重ね、

その上から柿渋をぬった工芸品を

一閑張り(いっかんばり)と言います。

一閑張りは防水・防腐・防虫の効果があり、

時間の経過とともに色に深みが増し、

使い込むほどに味わいがでます。

和風インテリアとして飾ってください。

 

和紙に書いたご自分の作品を

持参頂いても一閑張りに使えます。

 

IMG_6784

 

 

 

 

 

 

 

 

名前のゆらい

いろいろな説があるようですが、一般的には農家の農閑期の暇なときに
作られることが多かったためにこの名が付いたといわれます。
また、大変じょうぶなために一貫目の重さにも耐えられると
いうことから一貫張りと呼ばれる地方もあるようです。

 

IMG_1521

 

 

 

 

 

 

 

 

一閑張りは昔から日本人の日常生活の中で幅広く愛用されていました。

一閑張りでこんなアイテムが・・・

・緑茶入れ       ・机
・衣装入れ       ・膳椀
・仏像         ・かご
・花入れ        ・癒し系インテリアグッズ

IMG_1523

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非ご参加下さい!

 

IMG_6972

 

 

 

 

 

 

 

 

和紙ののり貼りを乾かしているところ

 

 

2007-01-01 00.00.00-97

 

 

 

 

 

 

 

柿渋を乾かしているところ

 

 

 

糊や柿渋を乾かすのに時間を要します。

お弁当持参でワイワイ楽しく参加ください。

講座中の読書もOK、外出もOK

 

 

実施日 平成29年7月30日(日)
10:00~16:00
募集人員 40名(先着)
参加費 1300円
持ち物 エプロン、持ち帰り袋、弁当、飲み物
締切 平成29年7月27日(木)
申込方法 電話・FAXまたは来館願います。
講師

お問い合わせは会館へ

連絡先

TEL 06-6699-1100

FAX 06-6697-8080


トップに戻る