平成28年4月イベント「川柳教室」

ことばと心を磨く はじめての「川柳教室」

 

見たこと、感じたことを十七音字で表現!!
ことばを磨き、新しい自分を発見します。
わいわい楽しく川柳を学びましょう。

 

十七音字で共感し、カラッとした笑いに包まれます。

川柳と俳句の違いや、初句のポイントを
学び作句にトライしてもらいます。
また、笑いの川柳から人生を詠んだ川柳まで
「十七音字の物語」でもある優れた川柳を鑑賞します。

 

DSCN9657 DSCN9670
DSCN9655 DSCN9666
平井先生の講座風景

始まりは父の匂いのする背中
用意した嘘が言えない紫木蓮
今日もまた五分待たせて春の恋
鳥だから飛べるだなんて決めないで
「ぞうさん」を唄う涙が止まるまで

      平井美智子 句集”なみだがとまるまで”より

美しい泣き方講座に受講中

どや顔のメロンが届く年の暮れ

石鹸も愛も律儀に減ってゆく

      平井美智子先生 作

日に三度妻の心にケリ入れる(晋一)

減るお金増やすためにと馬券買う(秀夫)

降る雨にわからぬように涙ふく(恵子)

夜に鳴る電話の音に胸さわぐ(行子)

奥山に山ゆりありて祖母しのぶ(きょう子)

風呂上がりモデル気取りで見る鏡(雅美)

いつからか気になっている頭の毛(はるみ)

喜寿過ぎて残る人生悔いのなく(和之)

      生徒作品

 

平井 美智子さんのプロフィール

大阪市生涯学習インストラクター
川柳作家 時実新子に傾倒して川柳を始める。
自分を吐くことでの精神の”浄化”を信条に
学習センターなどで多くの講座を開講中。
川柳集 「窓」 「なみだがとまるまで」 発行。

「ああ 楽しかったね~」
「人生ってなかなか面白いもんやね~」終わった後、
そんな声が聞こえるような集まりでありたいと願っています。

平井美智子

 

実施日  平成28年4月2、9、16日(土)
10:00~12:00 全3回
募集人員  定員 16名 先着順 どなたでも
参加費  1800円(資料代含む)
持参品  筆記用具
締切  平成28年3月30日(水)
申込方法  電話・FAXまたは来館願います。
講師  大阪市生涯学習インストラクター講師 平井 美智子

お問い合わせは会館へ

連絡先

TEL 06-6699-1100

FAX 06-6697-8080


トップに戻る