平成27年10月イベント「蓄音機コンサートSPレコードで聴く映画音楽の世界」

蓄音器コンサート 

SPレコードで聴く映画音楽の世界

今回お聴き頂ける蓄音機

コロンビア ラッパ型 ビクトローラ VV1-90
コロンビアラッパ型
(1910年(明治43)頃 英国製)
卓上型 ビクトローラVV1-90
(1927年昭和2)頃 米国製日本組立)

 

HMV102 ビクトローラ電蓄
ポータブル型 HMV No.102
(1930年(昭和5)頃 英国製)
蓄音機ポータブル型 日本ビクター Hi-Fi Stereo Audiola 真空管式電気蓄音機
(1960年(昭和35)頃)

 

戦後70年の今、懐かしの映画音楽を

当時のレコードで、当時の蓄音器で聴いてみましょう。

映像も楽しめます

 

sp愛染かつら完結編

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛染かつら

 

 

spパリの空の下

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パリの空の下

 

 

戦前戦後の流行を聴き返すと、その時代がありありと

現されます。私たちの父母や祖父母の大変な時代にも、
映画や音楽は生活を彩っていました。
映画のハイライトも映写しながら、当時の文学を
織り交ぜて、蓄音機の音色に浸って頂きます。

 

「君の名は」

 

img_6

 

戦前の「愛染かつら」と並ぶすれ違いメロドラマの代表作。
菊田一夫のNHK連続ラジオドラマの映画化で、
岸恵子が首に巻いた長いストールが
”真知子巻き”として
流行した。

 

 

 佐多啓示・・・後宮春樹
岸恵子・・・・・氏家真知子

 

「巴里の屋根の下」

 

media

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アルベール・プレジャン   ポーラ・イレリ

 

「ライムライト」

img_0rimeo0301030013361527349
テリーのテーマ

 

「そよかぜ」

soyokaze主演
並木路子
上原謙
佐野周二
戦後の混乱期に
上演された松竹映画
「そよかぜ」。
その挿入歌として
並木路子が歌った
「リンゴの唄」は
爆発的なヒットとなり、
日本の歴史に残る歌となった。
リンゴの唄

 

「グレンミラー物語」

MP522JPG
20801013_o1
挿入歌
ムーンライトセレナーデ
インザムード
茶色の小瓶
セントルイスブルース
ベイズンストリートブルース
ペンシルバニア6-5000
アメリカンパトロール
黒い瞳

 

IMGP1492

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

案内人 オダサク倶楽部 織田草之助(高橋 俊郎)

 

皆さまもぜひご参加下さい。

高橋 俊郎 氏のプロフィル

元大阪市立中央図書館副館長
大阪文学振興会総務委員
オダサク倶楽部副代表
大阪春秋編集委員

 

実施日  平成27年10月3日(土) 午後13:30~15:30
募集人員  定員60名
参加費  600円
持参品
締切  平成27年9月30日(水)
申込方法  電話・FAXまたは来館願います。
講師  大阪文学振興会総務委員 オダサク倶楽部副代表 高橋 俊郎

お問い合わせは会館へ

連絡先

TEL 06-6699-1100

FAX 06-6697-8080


トップに戻る