平成26年新春イベント「バードカービング」

バードカービング野鳥の彫刻

木彫りでつくる野鳥・手作りの楽しさ
バードカービングとは木片から野鳥を彫り上げ彩色をほどこしたものです。
羽の枚数やくちばしの長さ、目の大きさなど本物の野鳥を再現し、
新しい趣味の世界が広がります。
 
IMG_1526

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0198

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8011

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バードカービングがアメリカから紹介され35年ほどたちました。

まだ新しい分野の世界です。

初級から上級までそれぞれの段階で技術をみがくことができます。

自然保護、鳥類保護につながる環境教育の創造アートです。

木の中からすばらしい野鳥をあなたの手で誕生させて下さい。

 

nzv2vczRBY4BYpZAMvqSCUruqFWyCsdq5j28HT5lVsY

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0195

 

 

 

 

 

 

 

今回の講座は下の写真の”メジロ”を作ります。

(1)木型からメジロの姿を作る。
(2)完成したメジロに色をぬる。
(1)(2)いずれかの選択となります。
(1)を選択した場合、時間内で完成しない場合があります。

そのときはぜひ、バードカービング教室へ

 P1000777 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 バードカービングの知名度はそれほど高くありませんが、
全国各地で教室が開かれており静かなブームとなっています。
また、バードカービングは趣味だけでなく、展示資料として使用し
鳥類保護にもこうけんしています。
ご参加お待ちします。

 

 日時  平成26年1月18日(土) 午前10:00~12:00
 講師  原田カービングスクール 原田 孝夫
 募集人員  20名(先着順)
 参加費  ¥1100(材料費、教材)
 持参品  カッターナイフ、鉛筆、定規、消しゴム
 締切  1月15(水)

 

講師紹介

原田 孝夫

埼玉県に生まれ、商社マンとして、ヨーロッパ、アメリカの輸入雑貨の仕事につき、

旅先でバードカービングの手引書を手に入れる。

元来、鳥が好きで彫刻等で鳥を彫っていたが、それからバードカービングの興味を持ち、

国内はもとより世界的な有名なバーダー清水正廣と2001年山梨県のアトリエで出会う。

2003年、清水氏の紹介で数あるアメリカのコンテストのうちで、最も権威のある

WARD財団の主催会で清水氏の教えを受けているバードカーバー、ラリーバース氏と出会う。

これがきっかけで本格的にバードカービングの道に進むことに。

WARD(ウオード)世界大会で二度の賞を受ける。

退職後に東大阪で教室を開き、普及に全力を上げている。

連絡先

TEL 06-6699-1100

FAX 06-6697-8080

 

 


トップに戻る