2019年4月イベント 初心者の楽しい水彩画教室

初心者の 楽しい”水彩画教室”

 

 

水彩画の基礎から学びます。
未経験、初心者の方にはまずは用具選び。
そして、構図、下書き、色の作り方など
実際に描いてもらいながら説明、指導を行います。


経験者の方は1回目から自由に描きます。

 

机の上

「机の上」というテーマで描きました。

できればモチーフとして洒落たスタンドライトや

雰囲気のある小物があればよかったのですが、

その様な物を持ち合わせていないので、適当に

本などをラィティングデスクに並べました。

中瀬先生 談

 

中瀬先生の作品

 

 

高槻城跡公園「風景」
寒の戻り。
春が近いと思っていたら、
昨日はなんと雪が降りました。
この日も朝から怪しげな空模様でしたが、
予定通り日画の写生会が高槻城跡公園で行われました。
幸い、公園内に東屋のような屋根付きの休憩所が
あったので、そこを根城にして描くことに。
雨が上がっている間は外に出て、
雨がふりだすと屋根の下に移動する、
という繰り返しでした。
高槻城はキリシタン戦国大名で有名な高山右近の居城で、
公園内には武士の装束に伴天連のひだ襟を付け、
十字架を手に持った右近像が建てられていました。
京都府庁旧本館「風景」
この日の日画写生会の集合場所は京都御苑の下立売御門。
メンバーの多くは御苑内やすぐ前の聖アグネス教会を
描きましたが、歩いて5分ほどのところに
京都府庁があるというので、
私も含めて数人がそちらに向かいました。
府庁の旧本館は明治の建築物で、
重要文化財に指定されています。
しかし正面位置は門が閉ざされていて、
フェンス越しに旧本館が
遠くに見えるだけで、私にはどうも
構図のイメージが浮かびません。
そんなわけで、
私一人断られるのを覚悟のうえ、
守衛さんのいる東門までまわって
敷地内で描けないか頼んでみると、
一人だけだったためか、
幸運にもokしてくれました。

 

指導内容:

●絵具の知識
●構図の考え方
●鉛筆の下書き
●デッサンの基本
●色の知識(彩度、明度、混色)
●色の塗り方の基本、技法

 

テーマ(モチーフ)

1回目:食卓を描く。(グラス、ボトル、ミル)

2回目:机の上を描く。(本、スタンド、ペン立て)

3回目:野菜を描く。(白菜、玉ねぎ、いも)

4回目:人形・おもちゃを描く。(何でも可)

5回目:花を描く。

6回目:天王寺公園で夏を描く。(写生・雨天教室)

7回目:模写(自分の好きな風景写真、絵画)

 

※順番が変更する場合もあります。

※館外写生の時間は午前とします。

※2回目以降のモチーフは

参加者の皆様に協力願います。

 

持ち物

水彩道具一式「絵の具(18色以上)」

丸筆(大、中、小)3本、平筆、パレット、

筆洗い、鉛筆、練り消しゴム、雑巾、

ティッシュ、スケッチブック

 

※水彩道具お持ちの方は1回目から持参して下さい。

※水彩道具無い方 1回目に道具の説明や購入方法を

説明しますので、鉛筆、消しゴムをご持参ください。

1回目、画用紙は主催者から配布します。

 

モチーフ:

2回目以降、モチーフの説明をします。

 

少しでも、興味がある方、

一緒にチャレンジしましょう!

是非ご参加下さい!

 

実施日 2019年4月25日、5月9、23日、
6月6、20日、7月4、18日(木)
13:30~15:30(館外写生は時間変更あり)
募集人員 25名 先着順
参加費 5600円 全7回
持参品 水彩絵の具、彩色筆(大中小平)各1本、筆ふきタオル、
筆洗い、鉛筆(HB,B)、練り消しゴム
第1回の説明後、画材道具、スケッチブックを購入して下さい
締切 2019年4月22日(月)
申込方法 電話・FAXまたは来館願います。
講師 中瀬裕司

中瀬裕司先生のプロフィール
日曜画家協会 副会長

お問い合わせは会館へ

 

連絡先

TEL 06-6699-1100

FAX 06-6697-8080


トップに戻る