☺平成30年6月イベント ことばと心を磨く 川柳教室

ことばと心を磨く はじめての「川柳教室」

 

見たこと感じたことを十七音字で表現。

新しい自分を発見します。

 

川柳の基本ルールや作句のポイントを学び、

詠む楽しさを知って下さい。

5・7・5の17音にあなたの思いを

表現してみませんか?

川柳 今流行ってます!!

 

啓発活動や広告等で、企業、自治体や

各種団体が川柳を公募しています。

コツせえつかめばどなたでも作句出来ます。

いざチャレンジを!

 

DSCN9657 DSCN9670
DSCN9655 DSCN9666
平井先生の講座風景

 

始まりは父の匂いのする背中
用意した嘘が言えない紫木蓮
今日もまた五分待たせて春の恋
  平井美智子 句集”なみだがとまるまで”より

 

愛された記憶を探す冬の指

一茎に一花 やっぱり君が好き

子に頼る父の目尻が濡れている

少しずつ忘れきれいになってゆく

  平井美智子 川柳句集 ”凌霄花”より

 

太極拳二年やっても盆踊り(恵子)

ほめられて伸びるタイプでまだ伸びず(雅美)

元カレに初めましてと挨拶し(秀雄)

繰り返し聞く 留守番電話の彼の声(めぐむこ)

二年前花見の輪には母が居た(喜美子)

      生徒作品

 

平井 美智子さんのプロフィール

大阪市生涯学習インストラクター
川柳作家 時実新子に傾倒して川柳を始める。
自分を吐くことでの精神の”浄化”を信条に
学習センターなどで講座を開講中。
 
東住吉会館にて川柳教室を主宰。
 
出版物

平井美智子 川柳集 「窓」

平井美智子句集 「なみだがとまるまで」

平井美智子川柳句集 「凌霄花」

平井美智子編 「時実新子の川柳 慟哭」

 

「ああ 楽しかったね~」
「人生ってなかなか面白いもんやね~」終わった後、
そんな声が聞こえるような集まりでありたいと願っています。

平井美智子

 

実施日 平成30年6月16、30日(土)
10:00~12:00
募集人員 定員 16名 先着順 どなたでも
参加費 1200円 全2回
持参品  筆記用具
締切  平成30年6月13日(水)
申込方法  電話・FAXまたは来館願います。
講師  大阪市生涯学習インストラクター講師 平井 美智子

お問い合わせは会館へ

連絡先

TEL 06-6699-1100

FAX 06-6697-8080


トップに戻る