台風時における主催事業等の対応

東住吉会館における台風時の主催事業等の対応について。
 

台風の接近に伴い、主催事業等の実施に困難が予想される場合、
以下を基本として事業の開催または中止(または延期)の判断を行います。

対応時点 対応
午前の事業 当日午前8時時点で大阪市域に大雨・暴風警報が発令されている場合、午前の事業を中止又は延期とする。
午後の事業 当日午前11時時点で大阪市域に大雨・暴風警報が発令されている場合、午後の事業を中止又は延期とする。
夜間の事業 当日午後4時時点で大阪市域に大雨・暴風警報が発令されている場合、夜間の事業を中止又は延期とする。

 

① 台風が通過して開催時間までに各種警報が解除になっても、それぞれの判断基準時間の時点で大雨・暴風警報が発令されておれば中止又は延期とします。
② 中止又は延期するのは大雨・暴風警報で、その他の警報、注意報の発令では中止・延期をしません。
③ ただし、該当する警報が発令されていなくても、台風の規模や進路、公共交通機関の状況により中止又は延期する場合があります。
④ 事業の規模の大小に関係なく、実施にかかる関係機関等の調整を要する事業については、上記基本にとらわれず、別途決定します。

 

○貸室の対応について。
①該当する警報が発令されていても、会館は通常業務で開館します。
②警報発令中の利用は、利用団体(個人)の判断でお願いします。


トップに戻る